男女

婚約指輪の相場を知っておくと損せず素敵なリングが購入できる

ダイヤを魅せるカット技術

手

長くラザールダイヤモンドを着けたいという場合、耐久性を考えた素材選びの工夫が有効です。リングにプラチナやピンクゴールドを選ぶのがポイントです。ラザールダイヤモンドについて知っておきたいのが、カッティングについてです。カッティングはオーソドックスなラウンドブリリアントカットなどがあります。

詳細

プロポーズの必須アイテム

指輪

想いの詰まったリングに

婚約指輪の定番は、ダイヤモンドの一石タイプとされています。艶めくプラチナの台に、立て爪でセットされた上質な一粒のダイヤモンドは、婚約指輪ならではのデザインです。しかし、最近では、定番の仕様にこだわらない婚約指輪に注目が集まっています。とくに、エタニティリングやピンクダイヤモンドのリングです。エタニティタイプは、ダイヤモンドの連なりを幸せの連続を表しています。そのため、結婚を迎える二人の、明るい将来を描き出しています。また、パーティーシーンに身に付ければ、華やかさがあふれます。また、希少性が高いピンクダイヤモンドは「完結された愛」の意味を有しています。ゆえに、プロポーズに最適なジュエリーです。これらのアイテムを選ぶ工夫によって、婚約指輪により深い想いを持たせることができます。

デザイン重視の傾向

婚約指輪の相場は、ここ10年ほどでは、20万円から40万円の幅で推移しています。この相場より高額なリングを購入する割合は、全体の20パーセント以下です。プラチナの価格相場はあまり変動しないので、ルースのクラリティによって商品の価格が大きく影響します。もちろん、上質なルースを希望すれば、その価格はどんどん高額になります。しかし、最近の婚約指輪選びの特徴は、価格よりデザイン重視で選ぶ傾向にあることです。そのため、店頭に並ぶ商品は、大きめルースより繊細で華やかなアイテムが増えています。とくに、メレダイヤをちりばめたリングは、手ごろな価格相場と華やかさが魅力です。また、ダイヤモンドのルースにこだわらないカップルも増加しています。

最高の晴れ姿のために

花嫁

ウエディングドレスを選ぶ場合には気に入ったデザインと言う点だけでなく、会場や自分の体系にあったものを選ぶのがポイントです。東京には多くの種類のウェディングドレスがありますが、人気のデザインは直ぐに予約が入ってしまうので準備を早めにしましょう。

詳細

色の持つ効果

ドレス

カラードレスは、結婚式のお色直しをするときによく見かけることが多くなっています。季節や花嫁のイメージに合わせてカラーが選ばれるようになっています。体形が気になるという人は、膨張色はできるだけ避けるようにします。

詳細